示談金とは

交通事故って怖いですよね。どんだけ気をつけて車を乗っていても交通事故を起こしてしまう時があります。青信号で走っている時に子供が飛び出してきて交通事故を起こしてしまう。どんなにこちら側が悪くなくても、どんな安全運転をしていても車が悪いのです。そして、今交通事故にあった時の示談金が問題になっています。
示談金とは、自己の当事者の間で自由に決めて支払うお金のことです。示談金は損害賠償とは違い、法的な根拠に基づいた金額ではありません。示談金は保険会社や弁護士を通さず、その当事者の間の話し合いだけで決める金額です。
示談は双方の話し合いで納得した結果ですので、法的な根拠や算定方法に依らなくても、当事者が決めた値段ならそれで良いのです。
例えば、車で追突してしまい明らかに一方的な過失、100:0、10対0のケースで、損害がごく軽い場合。保険会社に連絡するまでもなく、被害者が修理の見積もりを取って加害者がその金額を支払い、双方がそれでよしとすれば、示談成立となります。
しかし、双方が納得いく金額でなければいけないので、事故の内容にもよりますが少すぎてもだめなので相場の金額を払うようにしましょう。






What's New

2013/02/04
新着記事2を更新。
2012/11/05
新着記事を更新。
2012/04/17
自転車の安全な乗り方を更新。
2012/04/17
信号無視を更新。
2012/04/17
安全不確認を更新。
2012/04/17
飲酒運転を更新。
2012/04/17
交通事故を起こしてしまったら示談金が必要を更新。
2012/04/17
ホームページリニューアル

Recommend Entry

間に入ってもらう

交通事故の示談機の話なるとやはりお金の事なのでこじれることもあるでしょう。でも、ちゃんと初めに警察にも届出をすませておけば、後でこじれても法律家に間に入ってもらえば解決します。

法律家に相談

交通事故の示談金って、なかなか誰にでも遭遇するような場面ではないと思う。だけど、いつそういう状況に陥るかわからないものなんですね。こういう時に頼りになるのが法律家の先生。専門的な分野からどういう状況で示談をすればいいのか?お金はどうするのか?ということを親身になって相談にのってくれますよ。